使用許諾契約書


重要 − 以下の使用許諾契約書を注意してお読みください。本使用許諾契約書 (以下「本契約書」といいます) は、ウィンドワードのソフトウェア製品 (以下「本ソフトウェア製品」といいます) に関してお客様 (個人または法人のいずれであるかを問いません) と 株式会社ウィンドワード (以下「ウィンドワード」といいます) との間に締結される法的な契約書です。本ソフトウェア製品は、コンピュータ ソフトウェアを含み、それに関連した媒体、ならびに印刷物(マニュアルなどの文書)、 オンライン文書または電子文書、ライセンス管理用USBキー、およびインターネットベースのサービスを含むこともあります。本ソフトウェア製品をダウンロード、インストール、 複製または使用することによって、お客様は本契約書の条項に拘束されることに同意されたものとします。本契約書の条項に同意されない場合は、本ソフトウェア製品をダウンロード、 インストール、複製、または使用しないでください。

 

本ソフトウェア製品は、著作権法および著作権に関する条約をはじめ、その他無体財産権に関する法律ならびにその条約によって保護されています。本ソフトウェア製品は使用許諾されるもので、販売されるものではありません。

 

第1条 ライセンスの許諾

お客様が本契約書の定めに従われることを条件として、ウィンドワードはお客様に対し、以下の権利を許諾します。

(1) お客様は、本ソフトウェア製品を特定の1台のパーソナルコンピュータにのみインストールして使用することができます。

(2) お客様は、本ソフトウェア製品のバックアップまたは保存する目的でのみ媒体にコピーを作成し、保管することができます。本契約書に規定されている場合を除き、 お客様は本ソフトウェア製品または本ソフトウェア製品に含まれるマニュアルなどの文書を複製または改変することはできません。お客様は、本ソフトウェア製品に付されている著作権表示およびその他の権利表示を除去することはできません。 本条に基づき本ソフトウェア製品に含まれるコンピュータソフトウェアを複製する場合には、それに付されている著作権表示およびその他の権利表示も同時に複製するものとします。

 

第2条 著作権

本ソフトウェア製品、および本ソフトウェア製品の複製物についての権原および著作権その他の無体財産権は、ウィンドワードが有するものです。 本ソフトウェア製品が電子的形態のみによる文書を含む場合、お客様はご自身で使用されることのみを目的にそのような電子的な文書のコピーを印刷することができます。 本ソフトウェア製品が印刷物を含む場合、お客様は印刷物である文書を複製することはできません。

 

第3条 その他の権利と制限

(1) お客様は、本ソフトウェア製品を第三者へ譲渡、貸与、リース、部分提供または使用を許諾することはできません。 ただし、本ソフトウェア製品がUSBキーによってライセンスを管理している場合は、お客様は本ソフトウェア製品を第三者へ譲渡することができます。 この場合、第三者は本契約書の条項に合意されている必要があります。また、お客様は譲渡後本ソフトウェア製品を使用することはできません。

(2) お客様は、本ソフトウェア製品を使用して商業的ホスティングサービスを提供することはできません。

(3) お客様は、本ソフトウェア製品をリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすることはできません。

 

第4条 保証の制限

ウィンドワードは、本ソフトウェア製品の機能、性能ならびに品質がお客様の要求を満足させるものであること、本ソフトウェア製品が正常に動作すること、 本ソフトウェア製品に瑕疵が存在しないこと、本ソフトウェア製品に瑕疵が存在した場合にこれが修正されること、のいずれも保証しません。本ソフトウェア製品に関する権原または 権利侵害の不存在についての保証についても同様です。 また、ウィンドワードのいかなる口頭または書面による情報または助言も、新たな保証を行ない、またはその他いかなる意味においても本保証の範囲を拡大するものではありません。 本ソフトウェア製品を選択導入されたこと、本ソフトウェア製品のインストール、使用および本ソフトウェア製品から得られた結果についての責任は、全てお客様にあるものとします。

 

第5条 責任の制限

法律上の請求の原因の種類を問わず、ウィンドワードは法律上許容される最大限において、本ソフトウェア製品の使用または使用不能、サポートサービスの提供もしくは提供不能、 または本契約書の条項に関して生じる特別損害、付随的損害、間接損害、派生的損害、またはその他の一切の損害(逸失利益、機密情報もしくはその他の情報の喪失、事業の中断、 人身傷害、プライバシーの喪失、誠実義務または合理的な注意義務を含めた義務の不履行、過失、またはその他の金銭的損失を含みますがこれらに限定されません) に関しては、ウィンドワードの落ち度、不法行為(過失を含む)、不実表示、無過失責任、契約違反または保証違反の場合であっても、一切責任を負いません。 たとえ、ウィンドワードがこのような損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。いかなる場合においても、本契約書に基づくウィンドワードの責任は、 本ソフトウェア製品についてお客様が実際に支払った金額を上限とします。

 

第6条 秘密保持

(1) お客様は、本ソフトウェア製品ならびに本契約に関連して知りえた情報(本ソフトウェア製品のシリアル番号、ライセンスキー、ライセンスファイルの情報を含みます) について秘密を保持するものとし、ウィンドワードの書面による承諾を得ることなく第三者に開示、漏洩しないものとします。

(2) 前項にかかわらず、以下に定める事項については前項の適用を受けないものとします。

  (a) 開示を受けたときに既に公知である情報

  (b) 開示を受けた後、自己の責によらず公知となった情報

  (c) 開示を受ける前から、自己が適法に保有している情報

  (d) 第三者から、守秘義務を負わず適法に入手した情報

  (e) ウィンドワードの機密情報を使用または参照することなく独自に開発した情報

(3) 前各項の規定は、本契約が終了したときであってもなおその効力を有するものとします。

 

第7条 有効期間

(1) 本ソフトウェア製品の使用許諾契約は、本契約書の前文の記載に従い、お客様が本契約書の条項に同意されたものとみなされる時点から効力が生じます。

(2) 本ソフトウェア製品の使用許諾契約は、お客様が本契約書のいずれかの条項に違反した場合、お客様に対し何らの通知、催告なしに、直ちに将来に向かって効力を失います。 その場合、お客様は速やかに本ソフトウェア製品およびその複製を破棄するものとします。

 

第8条 準拠法および管轄

本契約は、日本国法に準拠するものとします。本契約に関して、万一紛争が生じた場合は、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。